1986年度 研究業績

論文

河野誠一, 深沢良彰, 栗野俊一, 川副博, 廣瀬健, 坂倉正純, 宇都宮公訓, 山田眞市, 那須秀樹, 門倉敏夫, “WSNによるスケジューラーの詳細仕様記述とその経験”, Bulletin of the Centre for Informatics, Waseda University, pp. 32-46, Feb. 4, 1987.

深沢良彰, “抽象化技法支援ソフトウェア開発環境の実現”, 早稲田大学情報科学研究教育センター紀要, Vol. 3, spring, 1986年4月.

Takumi Hasegawa, Toshio Kadokura, Yoshiaki Fukazawa, “A Visibility-Oriented Construction System for Logic Diagrams”, Systems and Computers in Japan, Vol. 17, No. 7, pp. 40-48, 1986.

シンポジウム

深沢良彰, 奥山龍一, 高木直二, “事務システム標準化マニュアル(WISDOM)の作成とその利用について”, 全NEACユーザー会シンポジウム, 経団連会館, 東京都, 1987年3月6日.

Takumi Hasegawa, Toshio Kadokura and Yoshiaki Fukazawa, “A Visibility-Oriented Construction System for Logic Diagrams”, Systems and Computers in Japan, Vol. 17, No. 7, pp. 40-48, Jul., 1986.

研究会

長谷川哲夫, 門倉敏夫, 深沢良彰, “ユーザ定義に基づくプログラムの変則構造の検出”, ソフトウェア工学 52-17 , 1987年2月14日.

長井真太郎, 門倉敏夫, 深沢良彰, 長谷川拓己, 鈴木和弘, “信号確率を利用した論理回路図作成”, 設計自動化 36-6 , 1987年2月17日.

全国大会

小柳尚夫, 門倉敏夫, 深沢良彰, “Lipsにおける動的タスク割付けの一手法” 情報処理学会 第33回全国大会, 広島工業大学, 広島県, 1986年10月 1~3日.

宇都宮公訓, 坂倉正純, 深沢良彰, “多重プロセッサ系によるプログラム実行の監視システムについて”, 情報処理学会 第34回全国大会, 日本大学, 千葉県, 1987年3月18~20日.

所洋一, 門倉敏夫, 深沢良彰, “形式的仕様記述からのテストデータ生成”, 情報処理学会 第34回全国大会, 日本大学, 千葉県, 1987年3月18~20日.

福田宰培, 会田敏正, 宮内新, 深沢良彰, “教育用ローカル・エリア・ネットワーク・システムの試作”, 昭和61年電子通信学会 総合全国大会, 1986.

その他

深澤良彰, “ソフトウェア開発環境の実現に関する研究”, 学位論文,早稲田大学広報, 号外第1646号, pp. 1-2, 1986年6月20日.

前の記事

1985年度 研究業績

次の記事

1987年度 研究業績