1992年度 研究業績

論文

新井浩志, 長谷川拓己, 深澤良彰, 門倉敏夫, “設計支援環境DATEにおける設計モデルの統合化手法”, 電子情報通信学会誌, D-Ⅱ, Vol. J-75-D-Ⅱ, No. 5, pp. 936-946, 1992年5月25日.

新井浩志, 深澤良彰, “ディジタルハードウェアのための設計支援環境”, 情報処理学会誌, Vol. 33, No. 7, pp. 803-810, 1992年7月15日.

深澤良彰, “わたしの本棚 情報工学”, 数学セミナー 1992 8, 日本評論社, 第31巻9号, pp. 45, 1992年8月.

国際会議

Jeongwong Baeg, Takeshi Fukuda, Yoshiaki Fukazawa and Toshio Kadokura, “Extraction of Design Intention from Specification and Program”, Joint Conference on Software Engineering, Seoul, Korea, May, 1992.

Hiroshi Arai, Takumi Hasegawa,Yoshiaki Fukazawa and Toshio Kadokura, “An Integration Mechanism for Design Models in the Design Environment DATE”, International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Systems,Paderborn, Germany, Jun. 9-12, 1992. DOI: 10.1007/BFb0024993

Kouichi Ono, Kunihiro Matsunami, Yoshiaki Fukazawa and Toshio Kadokura,“A Mechanism Which Makes an Unexecutable Specification Executable”, 1992.

シンポジウム

小野康一, 松並邦拓, 深澤良彰, 門倉敏夫, “実行時仕様の導入による形式的仕様の実行系”, ソフトウェア・シンポジウム’92, 長崎ブリックホール, 長崎県, Jun. 6-11, 1992.

松澤裕史, 栗野俊一, 深澤良彰, 門倉敏夫, “部品検索システムの持つべき性質とその実現方法”, 情報処理学会 ソフトウェア再利用技術シンポジウム, pp. 53-62, 1992年6月.

古関聰, 鈴木英俊, 小松秀昭, 深澤良彰, 門倉敏夫, “命令レベル並列処理アーキテクチャ向けループ展開におけるGIFTの有効性”, 1992年並列/分散/協調処理に関する『日向灘』サマー・ワークショップ, 宮崎県, 1992年8月19~21日.

新井浩志, 深澤良彰, 門倉敏夫, “設計支援環境における設計モデルの整合性検証手法について”, 情報処理学会DAシンポジウム’92, pp. 117-120, 1992年8月.

研究会

諸角裕, 小松秀昭, 深澤良彰, 門倉敏夫, “命令レベル並列計算機用最適化コンパイラにおけるループアンローリング技法”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 92, No. 108, pp. 23-30, 1992年6月25日.

村瀬康人, 小野康一, 新井浩志, 深澤良彰, 門倉敏夫, “設計履歴とペトリネットを用いたソフトウェア変更支援”, 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学(SE), Vol. 1993, No. 13, pp. 25-32, 1993年2月4日.

丸山勝久, 小野康一, 門倉敏夫, 深澤良彰, “プログラム変更に対する正当性検証技法と分割技法の適用”, 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学(SE), Vol. 1993, No.  13, pp. 89-96, 1993年2月4日.

全国大会

村瀬康人, 深澤良彰, 門倉敏夫,“設計履歴とドキュメントを用いたソフトウェア変更支援”, 情報処理学会 第45回全国大会, 徳島県, 1992年10月11~14日.

平山和彦, 新井浩志, 深澤良彰, 門倉敏夫, “質問に対する回答者選択を設計固有情報を用いて支援する方法について”, 情報処理学会 第45回全国大会, 徳島県, 1992年10月11~14日.

諸角裕, 小松秀昭, 深澤良彰, 門倉敏夫, “拡張PDGを利用した最適ループ展開数算定法”, 情報処理学会 第45回全国大会, 徳島県, 1992年10月11~14日.

孫家勇, 小野康一, 深澤良彰, 門倉敏夫, “要求仕様の変更における影響分析の支援方法について” 情報処理学会 第46回全国大会, 東京都, 1993年3月23~26日.

羽毛田卓哉, 新井浩志, 深澤良彰, “インクリメンタルシミュレーションにおけるイベント保存/評価効率の改善”, 情報処理学会 第46回全国大会, 東京都, 1993年3月23~26日.

その他

深澤良彰, 村岡洋一, 安浦寛人, 吉田紀彦, “通信遅延を仮定したときの計算アルゴリズムおよびネットワークについて”, 文部省重点領域研究「超並列原理に基づく情報処理基本体系」第3回シンポジウム予稿集, pp. 37-46, 1993年3月.

廣瀬健, 宇都宮公訓, 坂倉正純, 深澤良彰, 栗野俊一, “帰納的に定義された自然数列の計算の超並列化”, 文部省重点領域研究「超並列原理に基づく情報処理基本体系」シンポジウム予稿集, 各研究者個人の研究計画, pp. 55, 1992年9月24~25日.

前の記事

1991年度 研究業績

次の記事

1993年度 研究業績