1995年度 研究業績

著書

Yoshiaki Fukazawa, Shun’ichi Kurino and Yo Nonomura, “A Parallel Reduction Algorithm with Communication Delay”, オーム社出版局, The Massively Parallel Processing System JUMP-1, chap. 2-6, pp. 50-60, Dec., 1995.

本位田真一, 青山幹雄, 深澤良彰, 中谷多哉子, “オブジェクト指向分析・設計ー開発現場に見る実践の秘訣ー”, 共立出版, 1995年6月.

有澤誠, 筧捷彦, 土居範久, 廣瀬健, 深澤良彰, 村岡洋一, 安村通晃, “コンピュータサイエンスをいかに学ぶかー情報分野への道案内ー”, 共立出版, 1995年5月.

論文

新井浩志, 羽毛田卓也, 深澤良彰, “インクリメンタルシミュレーションの大規模回路への適用”, 電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ, Vol. J78-D-Ⅱ, No. 4, pp. 640-649, 1995年4月.

新井浩志, 深澤良彰, “設計支援環境におけるデータモデルの整合性検証手法について”, 電子情報通信学会論文誌D-2, Vol. 78, No. 5, pp. 811-818, 1995年5月.

磯田定宏, 佐伯元司, 深澤良彰, 青山幹雄, 大蒔和仁, 加賀谷聡, 松村一夫, “第1回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議報告”, ソフトウェア工学104-9, May. 31, 1995.

小柳義夫, 白川友紀, 中嶋正之, 深澤良彰, 村岡洋一, 安浦寛人, 吉田紀彦, “重点領域研究:超並列原理に基づく情報処理基本体系:2. 応用プログラム”, 情報処理, 情報処理学会, 36(6), pp. 506-513, Jun. 15, 1995.

Jeongwon Baeg, Atsushi Hirahara and Yoshiaki Fukazawa, “An Adaptive User Navigation Mechanism and Its Evaluation”, International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, Vol. 5, No. 4, pp. 29-37, Dec., 1995. DOI: 10.1142/S0218194095000265

小松秀昭, 神力哲夫, 古関聰, 深澤良彰, “命令レベル並列アーキテクチャのためのレジスタ割付け技法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 36, No. 12, pp. 2819-2830, 1995年12月.

小野康一, 丸山勝久, 深澤良彰, “スライシング技法の応用によるプログラムの検証法”, 第1回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, レクチャーノート/ソフトウェア学14 ソフトウェア工学の基礎Ⅰ, pp. 61-70, 近代科学社, 1996年1月20日.

Yoshiaki Fukazawa, Shun’ichi Kurino and Yo Nonomura, “A Parallel reduction Algorithm with Communication Delay”, The Massively Parallel Processing System JUMP-1, pp. 50-60, Ohmusya, Mar., 1996.

Kouichi Ono, Katsuhisa Maruyama and Yoshiaki Fukazawa, “Application of Verification Method and a Decomposition Method to Program Modification”, Systems and Computers in Japan, Vol. 27, Issue 1, pp. 12-26, 1996. DOI: 10.1002/scj.4690270102

国際会議

Akira Koseki, Hideaki Komatsu and Yoshiaki Fukazawa, “A Global Code Scheduling Technique Using Guarded PDG”, IEEE First International Conference on Algorithms and  Architectures for Parallel Processing , Brisbane, Australia, Apr. 19-21, 1995. DOI: 10.1109/ICAPP.1995.472253

Hiroshi Arai and Yoshiaki Fukazawa, “A New Incremental Simulation Algorithm for Large Scale Circuits and Its Evaluation”, IEEE TENCON ’95, Hong Kong, Nov. 6-10, 1995. DOI:10.1109/TENCON.1995.496410

シンポジウム

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “多重ループにおける最適ループ展開数算定技法とその評価”, 1995年並列処理シンポジウム, 福岡県, 1995年5月15~17日.

新井浩志, 深澤良彰, 門倉敏夫, “設計支援環境における設計モデルの整合性検証手法について”, 1995.

新井浩志, 深澤良彰, “設計支援環境におけるデータモデルの整合性検証手法について”, 電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-情報処理, 00078(00005), pp. 811-818, May 25, 1995.

青山幹雄, 西岡健自, 岸知二, 上原三八, 松岡聡, 中所武司, 深澤良彰, “オブジェクト指向’95シンポジウム報告”, 情報処理学会 オブジェクト指向’95シンポジウム, 慶應義塾大学三田校舎, 東京都, 1995年6月1~2日.

深澤良彰, “オブジェクト指向における理論と実践の融合”, 情報処理学会 オブジェクト指向’95シンポジウム, 慶應義塾大学三田校舎, 東京都, Jun. 1, 1995.

全国大会

鈴木修, 小野康一, 深澤良彰, “仕様記述言語ZZと実行時仕様”, 情報処理学会第51回全国大会, 富山県, 1995年9月20~22日.

Bing Zhang and Yoshiaki Fukazaza, “An Object-Oriented Design Support Tool Based on Design Patterns”, 情報処理学会 第52回全国大会, 東京都、1996年3月6~8日.

研究会

百瀬浩之, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “コードスケジューリングとレジスタ割付けの協調による最適化”, ハイパフォーマンスコンピューティング研究会57-23, 1995年8月25日.

古関聰, 小松秀昭, 鈴木英俊, 深澤良彰, “拡張VLIWプロセッサGIFTの命令供給機構”, 並列/分散/協調処理に関する別府サマー・ワークショップ, 情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会, 113-6, 大分県, 1995年8月23日.

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “共有メモリ型並列計算機における多重ループステージングによるパイプライン実行”, 情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会報告 117-8, 1996年3月5日.

その他

新井浩志, 上田裕子, 田上智弘, 深澤良彰, “論理回路のトップダウン設計を支援する回路図エディタ”, 日本電子機械工業会, EDAテクノウェア’95 ユニバーシティプラザ 大学研究室による研究発表資料集, pp. 105-112, 1995年8月.

前の記事

1994年度 研究業績

次の記事

1996年度 研究業績