1996年度 研究業績

論文

古関聰, 小松秀昭, 百瀬浩之, 深澤良彰, “命令レベル並列アーキテクチャのためのコードスケジューラおよびレジスタアロケータの協調技法”, 情報処理学会論文誌 第38巻 第3号, pp. 584-594, Mar. 15, 1997.

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “多重ループにおける最適ループ展開数算定技法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 6, pp. 1138-1148, 1996年6月15日.

小松秀昭, 古関聰, 深澤良彰, “命令レベル並列アーキテクチャのための大域的コードスケジューリング技法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 6, pp. 1149-1161, 1996年6月15日.

小野康一, 河野誠一, 深澤良彰, “述語論理に基づく仕様から実行可能コードの導出手法”, 早稲田大学情報科学教育センター紀要 18, pp. 18-26, 1996.

Hiroshi Arai and Yoshiaki Fukazawa, “A Consistency Verification Method for Design Models in Design Environments”, Systems and Computers in JAPAN, Vol. 27, Issue 10, Sep., 1996. DOI: 10.1002/scj.4690271010

国際会議

Akira Koseki, Hideaki Komatsu and Yoshiaki Fukazawa, “A Register Allocation Technique Using Guarded PDG”, 1996 International Conference on Supercomputing, Philadelphia, PA, USA, May 25-28, 1996. DOI: 10.1145/237578.237615

Shun’ichi Kurino, Masayoshi Sakakura, Bing Zhang and Yoshiaki Fukazawa, “A Parallel Reduction Algorithm with Communication Delay”, the Second International Symposium on Parallel Architectures,Algorithms,and Networks, Beijing, China, Jun. 12-14, 1996. DOI: 10.1109/ISPAN.1996.509022

Jeongwon Baeg and Yoshiaki Fukazaka, “A Backward Navigator and Its User Model”, the Second Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering, Sozopol, Bulgaria, Sep. 21-22, 1996.

1996_08  Jeongwon Baeg and Yoshiaki Fukazaka, “A Dialog-Oriented User Interface Generation Mechanism”, Asia Pacific Software Engineering Conference ’96, Seoul, Korea, Dec. 4-7, 1996. DOI: 10.1109/APSEC.1196.566765

シンポジウム

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “非数値計算の高速実行を目的としたVLIWにおける命令供給機構の設計と評価”, 並列処理シンポジウム, 東京都, 1996年6月18~20日.

小松秀昭, 古関聰, 百瀬浩之, 深澤良彰, “命令レベル並列プロセッサのためのコードスケジューリング及びレジスタ割付けの協調技法”, 並列処理シンポジウム, 東京都, 1996年6月18~20日.

荒崎秀一, 深澤良彰, “ドメインモデルを利用したプログラム理解支援について”, ソフトウェア開発のためのドメイン分析・モデリング技術シンポジウム, 東京都, 1996年9 月12~13日.

小野康一, 深澤良彰, “実行時仕様記述言語ZXの導入による高レベル形式的仕様の実行”, 第2回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 浜名湖ロイヤルホテル, 静岡県, 1996年12月14–16日.

全国大会

田治米純二, 新井浩志, 深澤良彰, “周辺回路を考慮した論理検証のための特徴関数の生成”, 情報処理学会 第53回全国大会, 大阪府, 1996年9月4~6日.

森達也, 新井浩志, 深澤良彰, “インクリメンタルシミュレーションを高速化するための回路分割手法について”, 情報処理学会 全国大会 講演論文集 第54回(アーキテクチャ), pp. 147-148, Mar. 12, 1997. 

研究会

作家昭夫, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “拡張VLIWプロセッサGIFTにおける投機的実行支援機構”, 情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会報告, 秋田県, 1996年8月27日.

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “多重ループステージングにおける通信遅延隠蔽技法”, 情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会報告, 秋田県, 1996年8月27日.

百瀬浩之, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け手法”, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会, 秋田県, 1996年8月28日.

田治米純二, 新井浩志, 深澤良彰, “出力変数の分割による大規模回路の特徴関数生成手法”, 情報処理学会研究報告, 設計自動化研究会報告 97(17), pp. 17-24, Feb. 14, 1997.

前の記事

1995年度 研究業績

次の記事

1997年度 研究業績