1996年度 研究業績

論文

古関聰, 小松秀昭, 百瀬浩之, 深澤良彰, “命令レベル並列アーキテクチャのためのコードスケジューラおよびレジスタアロケータの協調技法”, 情報処理学会論文誌 第38巻 第3号, pp. 584-594, Mar. 15, 1997.

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “多重ループにおける最適ループ展開数算定技法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 6, pp. 1138-1148, 1996年6月15日.

小松秀昭, 古関聰, 深澤良彰, “命令レベル並列アーキテクチャのための大域的コードスケジューリング技法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 6, pp. 1149-1161, 1996年6月15日.

小野康一, 河野誠一, 深澤良彰, “述語論理に基づく仕様から実行可能コードの導出手法”, 早稲田大学情報科学教育センター紀要, Vol. 18, pp. 18-26, 1996.

Hiroshi Arai and Yoshiaki Fukazawa, “A Consistency Verification Method for Design Models in Design Environments”, Systems and Computers in JAPAN, Vol. 27, Issue 10, pp. 98-107, Sep., 1996.  DOI: 10.1002/scj.4690271010

国際会議

Akira Koseki, Hideaki Komatsu and Yoshiaki Fukazawa, “A Register Allocation Technique Using Guarded PDG”, 1996 International Conference on Supercomputing, Philadelphia, PA, USA, pp. 270-277, May 25-28, 1996.  DOI: 10.1145/237578.237615

Shun’ichi Kurino, Masayoshi Sakakura, Bing Zhang and Yoshiaki Fukazawa, “A Parallel Reduction Algorithm with Communication Delay”, 2nd International Symposium on Parallel Architectures,Algorithms,and Networks, Beijing, China, pp. 434-439, Jun. 12-14, 1996.  DOI: 10.1109/ISPAN.1996.509022

Jeongwon Baeg and Yoshiaki Fukazaka, “A Backward Navigator and Its User Model”, 2nd Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering, Sozopol, Bulgaria, pp. 1-4, Sep. 21-22, 1996.

Jeongwon Baeg and Yoshiaki Fukazaka, “A Dialog-oriented User Interface Generation Mechanism”, Asia Pacific Software Engineering Conference ’96, Seoul, Korea, pp. 310-317, Dec. 4-7, 1996.  DOI: 10.1109/APSEC.1196.566765

シンポジウム

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “非数値計算の高速実行を目的としたVLIWにおける命令供給機構の設計と評価”, 情報処理学会 並列処理シンポジウム, 東京都, pp. 121-128, 1996年6月18~20日.

小松秀昭, 古関聰, 百瀬浩之, 深澤良彰, “命令レベル並列プロセッサのためのコードスケジューリング及びレジスタ割付けの協調技法”, 情報処理学会 並列処理シンポジウム, 東京都, pp. 73-80, 1996年6月18~20日.

荒崎秀一, 深澤良彰, “ドメインモデルを利用したプログラム理解支援について”, ソフトウェア開発のためのドメイン分析・モデリング技術シンポジウム, 上智大学 四谷キャンパス, 東京都, pp. 123-131, 1996年9 月12~13日.

深澤良彰, “コンポーネントウェアにおける方法論とツールとの協調関係”, 情報処理学会 ウィンターワークショップ・イン・松山, 愛媛県, pp. 47-48, 1997年1月23~24日.

研究会

作家昭夫, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “拡張VLIWプロセッサGIFTにおける投機的実行支援機構”, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ, 秋田県, pp. 67-72, 1996年8月27日.

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “多重ループステージングにおける通信遅延隠蔽技法”, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ, 秋田県, pp. 43-48, 1996年8月27日.

百瀬浩之, 小松秀昭, 古関聰, 深澤良彰, “レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け手法”, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ, 秋田県, pp. 81-86, 1996年8月28日.

田治米純二, 新井浩志, 深澤良彰, “出力変数の分割による大規模回路の特徴関数生成手法”, 情報処理学会 設計自動化研究会, pp. 17-24, Feb. 14, 1997.

全国大会

田治米純二, 新井浩志, 深澤良彰, “周辺回路を考慮した論理検証のための特徴関数の生成について”, 情報処理学会 第53回全国大会, 大阪府, pp. 29-30, 1996年9月4~6日.

森達也, 新井浩志, 深澤良彰, “インクリメンタルシミュレーションを高速化するための回路分割手法について”, 情報処理学会 全国大会 講演論文集 第54回(アーキテクチャ), pp. 147-148, Mar. 12, 1997. 

その他

青山幹雄, 深澤良彰, “オブジェクト指向最前線”, 情報処理学会OO’96シンポジウム, 朝倉書店, 1996年7月5日.

新井浩志, 深澤良彰, “分散処理環境における並列シミュレーションに関する研究”, 並列・分散処理研究推進機構 成果概要, カテゴリー4:科学技術計算応用技術, pp.112-113, 1997年3月.

前の記事

1995年度 研究業績

次の記事

1997年度 研究業績