2000年度 研究業績

論文

白銀純子, 深澤良彰, “プロトタイプのビジュアル・カスタマイズによる GUI の自動生成手法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 7, pp. 1999-2009, 2000年7月.

近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “シリーズパラレル型レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け技法とその評価”, 情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 11, pp. 3122-3132, 2000年11月.

深澤良彰, “21世紀新技術の展望~ソフトウェアサイエンス~”, 電気通信情報学会 情報・システムソサイエティ誌 第5巻, 第4号, pp. 9, 2001年2月.

国際会議

Hironori Washizaki, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa, “Model-View Separation Architecture BeaM and Its Evaluation”, the 4th. Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering, Brno, Czech Republic, Sep. 12-14, 2000.

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Dynamic Hierarchical Undo Facility in a Fine-Grained Component Environment”, the 40th International Conference on Technology of Object-Oriented Languages and Systems, Sydney, Australia, Feb. 18-21, 2001.

シンポジウム

浅原英雄, 近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “シリーズパラレル型レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付けへの動的計画法の適用”, Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing, 愛媛県, 2000年8月2~5日.

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰, “安全なコンポーネント拡張に基づく共通機能付加技法”, 情報処理学会 オブジェクト指向2000シンポジウム, 東京都, 2000年8月31日~9月1日.

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰, “メタ情報を用いたコンポーネント指向ソフトウェア開発支援”, 情報処理学会 オブジェクト指向2000シンポジウム, 東京都, 2000年8月31日~9月1日.

黒田隆一, 小野康一, 深澤良彰, “ユーザの実装逸脱度に基づくフレームワークの設計評価メトリクス”, ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 福岡県, 2000年11月9~11日.

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰, “細粒度コンポーネント環境における履歴クラスタリング” , ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 福岡県, 2000年11月9~11日.

白銀純子, 深澤良彰, “ユースケース記述からのGUI生成手法”, ウィンターワークショップ・イン・金沢, 石川県, 2001年1月18~19日.

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰, “細粒度コンポーネント環境への着目とUndo機能追加実装”, ウィンターワークショップ・イン・金沢, 石川県, 2001年1月18~19日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “有向置換性距離に基づくコンポーネント検索システム”, プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ, 京都府, 2001年3月21~23日.

研究会

安江俊明, 仲顕照, 小松秀昭, 深澤良彰, “バイトコードパターンマッチによるJavaインタプリタの高速化手法”, 情報処理学会 第29回プログラミング研究会, 東京都, 2000年6月15~16日.

原田真太郎, 白銀純子, 深澤良彰, “仕様からの適応型ユーザナビゲーションシステムの生成”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 9月研究会, 長野県, 2000年9月25日.

黒田隆一, 小野康一, 深澤良彰, “標準的実装からの逸脱度によるフレームワークの設計評価”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 9月研究会, 長野県, 2000年9月25日.

増田ゆりか, 小野康一, 深澤良彰, “制約記述の導入によるフレームワークのカスタマイズ作法の提示”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 三重県, 2000年11月27~28日.

太田健太郎, 深澤良彰, “パターンによって補完される諸特性の分析”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 石川県, 2001年1月22~23日.

白銀純子, 深澤良彰, “シナリオからの GUI 制御構造の把握とプロトタイプ生成”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 新潟県, 2001年3月8~9日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “パターン: 引用からの品質”, JapanPLoP 第7回パターン研究会, 2001年3月16日.

全国大会

白銀純子, 深澤良彰, “ユースケース記述にもとづくGUI開発手法”, 第 61 回情報処理学会 全国大会, 愛媛県, 2000年10月3~5日.

増田ゆりか, 小野康一, 深澤良彰, “暗黙的制約情報を用いたフレームワークの理解支援”, 第 61 回情報処理学会 全国大会, 愛媛県, 2000年10月3~5日.

岸間航, 新井浩志, 深澤良彰, “並列要求駆動シミュレーションにおける要求伝搬の保留処理について”, 第 61 回情報処理学会 全国大会, 愛媛県, 2000年10月3~5日.

黒田隆一, 小野康一, 深澤良彰,“設計意図からの逸脱度に基づくフレームワークの評価メトリクス”, 第62回情報処理学会 全国大会, 神奈川県, 2001年3月13~15日.

金子平祐, 深澤良彰, 粂野文洋, 本位田真一, “バッテリ残量を気にするモバイルエージェントの退避行動”,  第62回情報処理学会 全国大会, 神奈川県, 2001年3月13~15日.

森川景介, 深澤良彰, 吉岡信和, 大須賀昭彦, 本位田真一, “Web情報収集エージェントMobeetの評価”, 第62回情報処理学会 全国大会, 神奈川県, 2001年3月13~15日.

樋山恒文, 新井浩志, 深澤良彰, “中間信号を利用した効果的な特徴関数の生成法について”, 第62回情報処理学会 全国大会, 神奈川県, 2001年3月13~15日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “片方向引用情報に基づく論文の品質評価”, 2001年電子情報通信学会 総合大会, 滋賀県, 2001年3月26~29日.

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “コンポーネントにおける静的側面の自動品質測定”, 2001年電子情報通信学会 総合大会, 滋賀県, 2001年3月26~29日.

前の記事

1999年度 研究業績

次の記事

2001年度 研究業績