2001年度 研究業績

論文

古関聰, 影井慶大, 仲顕照, 小松秀昭, 深澤良彰, “実行時命令再構成機構を用いた投機的例外復旧手法”, 情報処理学会論文誌, Vol. 42, No. 8, pp. 2144-2155, 2001年8月.

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰, “モデル/ビュー分離アーキテクチャBeaMの機構とその評価”, 情報処理学会論文誌, Vol. 42, No. 10, pp. 2454-2465, 2001年10月.

鷲崎弘宜, 元村五月, 深澤良彰, “コンポーネント試行システムの開発と評価”, コンピュータソフトウェア, Vol. 19, No. 1, pp. 44-48, 2002年1月.

国際会議

Ryuichi Kuroda, Kouichi Ono and Yoshiaki Fukazawa, “A Metric for Frameworks Based on the Deviation of User’s Understanding from the Manufacturer’s Intention”, the 4th. International Conference on Information Systems Modelling, Hradec nad Moravicí, Czech Republic, pp. 103-110, May 9-11, 2001.

Kazutomo Uezono, Tomoko I. Kataoka, Yoshiaki Fukazawa and Katuhiko Kakehi, “An Implementation of Mixed-Language Text Editor-mledit”, the 19th. International Conference on Computer Processing of Oriental Languages, Seoul, Korea, May 14-16, 2001.

Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa,“Scenario-based Extraction of GUI Control Structure and Its Prototype Generation”, Software Engineering and Applications, the Fifth IASTED International Conference, Anaheim, USA, pp.131-135, Aug. 21-24, 2001.

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Retrieving Software Components Using Directed Replaceability Distance”, Third International Conference on Generative and Component-Based Software Engineering, Erfurt, Germany, Sep. 9-13, 2001. DOI: 10.1007/3-540-44800-4_14

Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa, “GUI Prototype Generation by Merging Use Cases”, 2002 International Conference on intelligent User Interfaces, San Francisco, CA, USA, pp. 222-223, Jan. 13-16, 2002. DOI: 10.1145/502716.502767

シンポジウム

佐渡昭彦, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “ループパーティショニングを用いたショートベクトル化技法”, Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing, 沖縄県, 2001年7月25~28日.

伊藤佑一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “制御依存の緩和を考慮した並列性抽出手法”, Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing, 沖縄県, 2001年7月25~28日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “有向置換性距離に基づくコンポーネント検索方式の実現と評価”, オブジェクト指向2001シンポジウム, 東京都, 2001年8月22~24日.

金子平祐, 深澤良彰, 粂野文洋, 本位田真一, “携帯情報機器におけるアプリケーションソフトウェアの自律的サバイバル”, 2001年ソフトウェア技術に関するジョイントワークショップ, 東京都, 2001年10月18~19日.

坂井悠樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “コンポーネント環境における独立条件記述に基づいた条件テスト手法”, ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 岩手県, 2001年11月8~10日.

白銀純子, 深澤良彰, “ユースケースの縒合せによるGUIプロトタイプ生成手法”, ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 岩手県, 2001年11月8~10日.

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “再利用特性に基づくコンポーネントメトリクスの提案と検証”, ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 岩手県, 2001年11月8~10日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Web上におけるコンポーネント流通の試み”, ウィンターワークショップ・イン・伊豆, 静岡県, 2002年1月17~18日.

山根一樹, 深澤良彰, “複数のWebサービスを統合するための言語WIDE-XMLの提案”, ウィンターワークショップ・イン・伊豆, 静岡県, 2002年1月17~18日.

研究会

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “静的側面から見たソフトウェアコンポーネントの品質”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 熊本県, 2001年5月28~29日.

金子平祐, 深澤良彰, 粂野文洋, 本位田真一, “バッテリ残量に対しての自律的サバイバル機能のモバイルエージェントを用いた実現”, 電子情報通信学会 ソフトウェア研究会, 栃木県, 2001年7月30日.

吉本宇, 小野康一, 深澤良彰, “フレームワーク製作者の意図を考慮した再構成手法”, 電子情報通信学会 ソフトウェア研究会, 栃木県, 2001年7月30日.

渡部宏志, 白銀純子, 深澤良彰, “GUI部品の変更時のプログラム自動変更支援”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 東京都, 2002年1月28~30日.

全国大会

鷲崎弘宜, 元村五月, 深澤良彰, “コンポーネント試行システムの開発とその評価”, 日本ソフトウェア科学会第18回, 北海道, 2001年9月18~20日.

坂井悠樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “独立条件記述に基づくコンポーネント条件テスト手法”, 情報処理学会 第63回全国大会, 山口県, 2001年9月26~28日.

安達孝夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “利用情報の解析によるコンポーネントウィザードの自動生成”, 情報処理学会 第63回全国大会, 山口県, 2001年9月26~28日.

渡部宏志,白銀純子, 深澤良彰, “ウィジェット操作の抽象化によるGUI部品の変更支援”, 情報処理学会 第63回全国大会, 山口県, 2001年9月26~28日.

筧捷彦, 深澤良彰, 平野泰, “モバイルキャンパス実現に向けてのアプローチとそのプロダクトタイプ利用状況の分析”, 情報処理学会 第63回全国大会, 山口県, 2001年9月26~28日.

山根一樹, 深澤良彰, “Webサービス統合定義言語WIDE-XMLについて”, 情報処理学会 第64回全国大会, 東京電機大学鳩山キャンパス, 埼玉県, 2002年3月12~14日.

菊川正人, 白銀純子, 深澤良彰, “自然言語解析技術の応用によるシナリオからのイベントフロー抽出手法”, 電子情報通信学会 2002年総合大会, 東京都, 2002年3月27~30日.

横澤香織, 新井浩志, 深澤良彰, “ハードウエアGAにおける長い遺伝子の処理手法について”, 電子情報通信学会 2002年総合大会, 東京都, 2002年3月27~30日.

前の記事

2000年度 研究業績

次の記事

2002年度 研究業績