2003年度 研究業績

著書

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Domain Oriented System Development:Perspectives and Practices, 4″Realization of Fully Independent Component Achitecture, Taylar & Francis, 2003.

論文

Hironori Washizaki, Hirokazu Yamamoto and Yoshiaki Fukazawa, “A Metrics Suite for Measuring Reusability of Software Components”, International Software Metrics Symposium, Vol. 2003-January, pp. 211-223, No. 1232469, IEEE Computer Society. DOI: 10.1109/METRIC.2003.1232469

国際会議

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Automated Extract Component Refactoring”, 4th International Conference on Extreme Programming and Agile Processes in Software Engineering, Genova, Italy, Vol. 2675, pp. 328-330, May 25-29, 2003. DOI: 10.1007/3-540-44870-5_42

Hironori Washizaki, Hirokazu Yamamoto and Yoshiaki Fukazawa, “A Metrics Suite for Measuring Reusability of Software Components”, 9th International Software Metrics Symposium, Sydney, Australia, Sep. 3-5, 2003. DOI: 10.1109/METRIC.2003.1232469

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Extracting Components from Object-Oriented Programs for Reuse in Memory-Constrained Environments”, First Workshop on Reuse in Constrained Environments at the 18th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming, Systems, Languages, and Applications, Anaheim, California, USA, Oct. 26-30, 2003.

シンポジウム

片岡正樹, 佐渡昭彦, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “ループパーティショニングを用いたショートベクトル化技法”, 並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ, 島根県, 2003年8月4~6日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “オブジェクト指向プログラムのためのコンポーネント抽出型検索システム”, オブジェクト指向2003シンポジウム, pp. 77-84, 東京都, 2003年8月20~22日.

青山幹雄, 嶋田隆, 上原三八, 玉井哲雄, 中谷多哉子, 羽生田栄一, 深澤良彰, “日本のソフトウェア工学・産業の未来”, オブジェクト指向2003シンポジウム, pp. 13-14, 東京都, 2003年8月20~22日.

直原正樹, 本位田真一, 深澤良彰, “携帯電話アプリケーション開発を支援するスクリプトシステム”, エージェント合同シンポジウム, 兵庫県, 2003年10月6~8日.

鄭顕志, 吉岡信和, 本位田真一, 深澤良彰, “モバイルエージェントを用いた小規模Grid構築”, エージェント合同シンポジウム, 兵庫県, 2003年10月6~8日.

宮城真弓, 小野康一, 深澤良彰, “標準的使用法の提示によるオブジェクト指向フレームワークの対話的理解支援”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 和歌山県, 2003年11月13~15日.

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “ソフトウェアの利用実演による操作学習支援手法”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 和歌山県, 2003年11月13~15日.

下之園孝, 小野康一, 深澤良彰, “フレームワークに対するアスペクト指向技術によるホットスポットのモジュール性向上”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 和歌山県, 2003年11月13~15日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソフトウェアパターンランゲージ工学に向けて”, 情報処理学会 ウィンターワークショップ・イン・石垣島, 沖縄県, 2004年1月29~31日.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソフトウェアパターンの自動的な体系化の試み”, 情報処理学会 ウィンターワークショップ・イン・石垣島, 沖縄県, 2004年1月29~31日.

研究会

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソフトウェアパターン研究の現在と未来”, 情報処理学会 第141回ソフトウェア工学研究会, 東京都, 2003年5月23日.

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “シーケンス図による操作学習機能の自動付加手法”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 福島県, 2003年5月30日.

星大樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “柔軟なコンポーネント間接続方式の提案と実装”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンンス研究会, 福岡県, pp. 37-42, 2003年11月27~28日.

全国大会

久保淳人, 鷲崎弘宜,深澤良彰, “ソフトウェアパターン文書の自動解析と体系化”, 第3回情報科学技術フォーラム, 京都府, 2004年9月7~9日.

石山智朗, 小野康一, 深澤良彰, “MVCコンポーネント間関係記述に基づくWebアプリケーション開発”, 日本ソフトウェア科学会 第20回記念大会, 愛知県, 2003年9月16~19日.

鷲崎弘宜, 深澤良彰, “WWWからのオブジェクト指向プログラムの収集と検索”, 日本ソフトウェア科学会 第20回記念大会, 愛知県, 2003年9月16~19日.

前の記事

2002年度 研究業績

次の記事

2004年度 研究業績