2006年度 研究業績

論文

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “MANET における省資源性を考慮した位置依存情報収集手法”, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J89-D, No. 12, pp. 2625-2636, 2006.

Hironori Washizaki, Daiki Hoshi and Yoshiaki Fukazawa, “A Flexible Connection Model for Software Components”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E89-D, Issue 4, pp. 1421-1431, Apr., 2006. DOI: 10.1093/ietisy/e89-d.4.1421

Hironori Washizaki, Satoru Takano and Yoshiaki Fukazawa, “A System for Visualizing Binary Component-based Program Structure with Component Functional Size”, WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol. 3, Issue 7, pp. 1222-1230, Jul., 2006.

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “ログ解析による操作学習支援システム自動生成”, 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会, 信学技報, Vol. 106, SS2006-8,  pp. 13-18, 2007年2月.

国際会議

Hironori Washizaki, Satoru Takano, and Yoshiaki Fukazawa, “Visualization of Binary Component-Based Software Structure with Component Functional Size”, 5th WSEAS International Conference on Applied Computer Science, Hangzhou, China, pp. 912-918, Apr. 16-18, 2006.

Yasushi Ando, Yoshiaki Fukazawa, Osamu Masutani, Hirotoshi Iwasaki and Shinichi Honiden, “Performance of Pheromone Model for Predicting Traffic Congestion”, Fifth International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, Hakodate, Japan, Vol. 2006, pp. 73-80, May 8-12, 2006.  DOI: 10.1145/1160633.1160642

Junko Shirogane, Kazuhiro Fukaya and Yoshiaki Fukazawa,“Support Method for Source Code Modification in Changing GUI Widgets”, Knowledge-Based Software Engineering, Proceedings of the Seventh Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering, Tallinn, Estonia, pp. 31-40, Aug. 28-31, 2006.

Makoto Ishiguro, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden, “A Sensor Middleware for Lightweight Relocatable Sensing Programs”, International Conference on Computational Intelligence for Modelling, Control and Automation, Jointly with International Conference on Intelligent Agents Web Technologies and International Commerce, Sydney, NSW, Australia, Nov. 28-Dec. 1, 2006. DOI: 10.1109/CIMCA.2006.27

Kenji Tei, Hiromi Muto, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden, “Introducing Auction Scheme to Route Allocation to Prolong the Lifetime of Ad-hoc Networks”, International Conference on Computational Intelligence for Modelling, Control and Automation, Jointly with International Conference on Intelligent Agents Web Technologies and International Commerc, Sydney, NSW, Australia, Nov. 28-Dec. 1, 2006. DOI: 10.1109/CIMCA.2006.134

Hironori Washizaki, Tomoki Nokagawa, Yuki Saito and Yoshiaki Fukazawa, “A Coupling-based Complexity Metric for Remote Component-based Software Systems Toward Maintainability Estimation”, Asia-Pacific Software Engineering Conference, Bangalore, India, pp. 79-86, Dec .6-8, 2006. DOI: 10.1109/APSEC.2006.3

Yuji Sakata, Kazutoshi Yokoyama, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A Precise Estimation Technique for Test Coverage of Components in Object-oriented Frameworks”, Asia-Pacific Software Engineering Conference, Bangalor, India, pp. 11-18, Dec. 6-8, 2006. DOI: 10.1109/APSEC.2006.11

Hironori washizaki, Shinichi Honiden , Rieko Yamamoto, Takao Adachi and Yoshiaki Fukazawa, “Automatic Generation of Software Component Wizards based on the Wizard Pattern”, International Conference on Systems, Computing Sciences and Software Engineering, Part of the International Joint Conference on Computer, Information, and Systems Sciences, and Engineering, University of Bridgeport, USA, pp. 61-68, Dec. 4-14, 2006. DOI: 10.1007/1-4020-5263-4-10

Kenji Tei, Christian Sommer, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden and Pierre Loïc Garoche, “The Adaptive Geographically Bound Mobile Agents”, The 2nd International Conference on Mobile Ad-Hoc and Sensor Networks, Hong Kong, China, Vol. 4325 LNCS, 2006, pp. 353-364, Dec.13-15, 2006. DOI: 10.1007/11943952_30

Mari Inoki and Yoshiaki Fukazawa, “Software Product Line Evolution Method Based on Kaizen Approach”, 2007 ACM Symposium on Applied Computing, Seoul, South Korea, Mar. 11-15, 2007. DOI: 10.1145/1244002.1244266

Junko Shirogane, Hajime Iwata, Kazuhiro Fukaya and Yoshiaki Fukazawa, “Support Method for Cchanging GUIs according to Roles of Widgets and Change Patterns”, The IAENG International Conference on Software Engineering, Kowloon, Hong Kong, pp. 1098-1103, Mar. 21-23, 2007.

シンポジウム

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “MANETにおける情報収集プログラム再配備手法の提案と評価”, マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム, 香川県, 2006年7月5~7日.

河村美嗣, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “MANETにおける送信遅延と電力消費を考慮したルーティングプロトコルの提案”, マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム, 香川県, 2006年7月5~7日.

石黒真, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “センシングプログラムの軽量な退避行動を実現するセンサーミドルウェア開発”, マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム, 香川県, 2006年7月5~7日.

小原圭央, 鈴木恒一, 深澤良彰, “MVC Model2への通知予約/変化通知機構の導入”, マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム, 香川県, 2006年7月5~7日.

中山弘之, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰, “Web上におけるソフトウェアパターン検索システム”, 21st IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering Japanese Workshop on Leveraging Web2.0 Technologies in Software Development Environments, Tokyo, Japan, Sep. 18-22, 2006.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “要求パターン抽出支援ツールの提案”, 21st IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering Japanese Workshop on Requirements Engineering Tools, Tokyo, Japan, Sep.18-22, 2006.

位野木万理, 深澤良彰, “プロダクトラインの開発と進化 : パターン活用手法の提案”, 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006, 東京都, 2006年10月19日~21日.

森崇,岩田一,白銀純子,深澤良彰, “GUIソフトウェアに対するアクセシビリティチェック”, 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006, 東京都, 2006年10月19日~21日.

石黒真, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “センサーの資源制約を考慮したセンシングプログラムの退避手法の提案”, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム, 三重県, 2006年10月25日~27日.

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “無線センサーネットワークミドルウェアの研究動向とエージェント技術の適用可能性”, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム, 三重県, 2006年10月25日~27日.

小原圭央, 鈴木恒一, 白銀純子, 深澤良彰, “MVC Model2 への通知予約/変化通知機構の導入”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第13回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 富山県, 2006年11月16~18日.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 高須淳宏, 深澤良彰, “ソフトウェア設計パターンの抽象度測定法”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第13回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 富山県, 2006年11月16~18日.

荻野慶, 小野康一, 深澤良彰, “コンポーネント指向Webアプリケーションフレームワークにおけるモジュール性の向上のための一手法”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第13回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, 富山県, 2006年11月16~18日.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 高須淳宏, 深澤良彰, “文書類似度によるパターン間関連分析手法の拡張”, 情報処理学会 ウィンターワークショップ2007・イン・那覇, 沖縄県, 2007年1月25~26日.

中山弘之, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰, “パターンランク法 によるパターン間関係と重要度の比較”, 情報処理学会 ウィンターワークショップ2007・イン・那覇, 沖縄県, 2007年1月25~26日.

鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰, 山本里枝子, 本位田真一, “オブジェクト指向ソフトウェア設計における原則とパターン”, 情報処理学会 ウィンターワークショップ2007・イン・那覇, 沖縄県, 2007年1月25~26日.

研究会

長谷川哲夫, 深澤良彰, “モデル検査によるステートチャートとシーケンスチャートの整合性検証”, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会研究報告, Vol. 2006-11-AI, pp. 41-46, 2006年11月.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 高須淳宏, 深澤良彰, “文書間類似度によるソフトウェアパターン間関連分析と複合関連の導出”, 情報処理学会 第154回ソフトウェア工学研究会, pp. 65-72, 大阪府, 2006年11月27日.

全国大会

長谷部篤史, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰, “UMLクラス図のためのテキストベース言語および変換処理系”, 情報処理学会 第69回全国大会, 東京都, 2007年3月6~8日.

杉本駿, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “Javaにおけるリフレクションの特殊化”, 情報処理学会 第69回全国大会, 東京都, 2007年3月6~8日.

その他

Takahira Yamaguchi, Satoshi Kumagai, Hiyoyuki Yamada, Haruki Ueno, Seiichi Komiya, Masaaki Hashimoto, Shunichiro Yamamoto, Toshihiro Okamoto, Teruo Koyama, Yoshiaki Fukazawa, Kenji Kaijiri, Shigeo Kaneda, Atsuo Hazeyama, Tadashi Iijima, Shunsuke Yura, Kouichi ono, Fumihiro Kumeno, Atsushi Kanai, Keiichi Katamine, Haruhiko Kaiya, Hirohisa Aman, Mizue Kayama, Naoki Furuta, Tomoyuki

Azuma, Hirohisa Aman, Behrouz H.Far and Tomohiko Hirota,“Foreword: special section on knowledge-based software engineering”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E89-D, Issue 4, pp. 1319, Apr., 2006.

深澤 良彰, “ソフトウェアの標準化で利便性を増すIT社会‐オープンソフトウェアの普及に向けて”, 研究室から社会を変える‐躍動する早稲田大学の研究活動, 読売新聞社 大学取材班, 中央公論新社, pp. 168-177, 2006年12月.

前の記事

2005年度 研究業績

次の記事

2007年度 研究業績