2008年度 研究業績

受賞

特定非営利活動法人テスト技術者振興協会2009 第二回善吾賞  雁行進夢, 久保淳人, 鈴木三紀夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008, 特定非営利活動法人 ソフトウェアテスト技術者振興協会, 2009年1月29日.

論文

Junko Shirogane, Hajime Iwata, Kazuhiro Fukaya and Yoshiaki Fukazawa, “GUI Change Method According to Roles of Widgets and Change Patterns”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E91-D, No. 4, pp. 907-920, Apr., 2008.   DOI: 10.1093/ietisy/e91-d.4.907

石川冬樹, 阿部玲, 高橋竜一, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一, “ユビキタスコンピューティングにおける分散協調・連携技術に関する研究動向(A Survey on Distributed Coordination Mechanisms in Ubiquitous Computing)”, Computer Software, Vol. 25, No. 4, pp. 133-144, 2008年10月28日. DOI: 10.11309/jssst.25.4_133

中山弘之, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “重要度算出に基づくソフトウェアパターン検索システム(A Search System for Software Patterns Based on Pattern Rank)”, Computer Software, Vol. 25, No. 2, pp. 114-134, 2008. DOI: 10.11309/jssst.25.2_114

鄭顕志,中川博之,川俣洋次郎,吉岡信和,深澤良彰,本位田真一, “ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向”, 日本ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア「エージェント」特集, Vol. 25, No. 4, pp. 121-132,  2008年10月28日 . DOI: 10.11309/jssst.25.4_121

鄭顕志, 石川冬樹, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一, “適応エージェントのためのユビキタスコンピューティングミドルウェア”, 日本ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア「エージェント」特集, Vol. 25, No. 4, pp. 11-19, 2008年10月28日. DOI: 10.11309/jssst.25.4_11

中林淳一郎, 片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰, “並列コピーの導入による生存区間分割手法の性能向上”, 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO),Vol. 2, No. 2,  pp. 70-79, 2009年3月.

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “効率の良いネットワーク内処理のためのノード選択指標の提案”, 情報処理学会論文誌, Vol. 49, No. 6, pp. 1872-1884, 2008.

国際会議

Eduardo B. Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshuoka, Atsuto Kubo and Yoshiaki Fukazawa, “Classifying Security Patterns”, 10th Asia Pacific Conference on Web Technology, Shenyang, China, pp. 342-347, Apr. 26-28, 2008.   DOI: 10.1007/978-3-540-78849-2_35   

Yoshiyuki Nakamura, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden, “Region-based Sensor Selection for Wireless Sensor Networks”, 2008 IEEE International Conference on Sensor Networks, Ubiquitous, and Trustworthy Computing, Taichung, Taiwan, pp. 326-331, Jun. 11-13, 2008.   DOI: 10.1109/SUTC.2008.47

Hironori Washizaki, Hiroki Hiraguchi and Yoshiaki Fukazawa, “A Metrics Suite for Measuring Quality Characteristics of JavaBeans Components”, 9th International Conference on Product-Focused Software Process Improvement, Monte Porzio Catone, Italy, pp. 45-60. Jun. 23-25, 2008.  

Ryuichi Takahashi, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden, “Coordination Protocol Composition Approach Using Metadata in Multi-agent Systems”, 12th IEEE International Enterprise Distributed Object Computing Conference, Munich, Germany, pp. 372-378, Sep. 9-15, 2008.  DOI: 10.1109/EDOC.2008.35

Hiroshi Ohtaka and Yoshiaki Fukazawa, “Study on Organizational Project Management of SI Companies Compared with KAIZEN”, 4th International Project Management Conference, Anchorage, Alaska, USA, pp. 996-1002, Sep. 15-18, 2008.

Atsuto Kubo, Hiroyuki Nakayama, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “PatternRank: A Software-Pattern Search System Based on Mutual Reference Importance”, 15th Pattern Languages of Programming, Nashville, USA, Oct. 18-20, 2008.  DOI:10.1.1.561.5971

Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden, “An Efficient Node Selection Metric for In-network Process Deployment”, 4th International Wireless Internet Conference, Maui, Hawaii, USA, Nov. 17-19, 2008.  DOI: 10.4108/ICST.WICON2008.4851

Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Hideyuki Kanuka, Toshihiro Kodaka, Nobuhide Sugimoto, Yoichi Nagai and Rieko Yamamoto, “AOJS: Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework for Web Development “, 8th Workshop on Aspects, Components, and Patterns for Infrastructure Software, 8th International Conference on Aspect-Oriented Software Development, Charlottesville, Virginia, USA, pp. 31-35, Mar. 2-6, 2009.   DOI: 10.1145/1509276.1509285

Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi and Yoshiaki Fukazawa, “AOJS: Aspect-Oriented Programming Framework for JavaScript”, 8th International Conference on Aspect-Oriented Software Development, Mar., 2009. 

シンポジウム

中里彦俊, 中村善行, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “通信コストと計測精度を考慮したトラッキングのためのセンサモデルの提案”, マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム, 北海道, pp. 195-204, 2008年7月9~11日.

中村善行, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “無線センサネットワークにおける省資源性を考慮したセンサセレクション手法”, マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム, 北海道, pp. 1738-1745, 2008年7月9~11日.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソフトウェアパターン選択支援の現状と展望”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008 併設ワークショップ, 東洋大学, 東京都, pp. 35-36, 2008年9月1~3日.

雁行進夢,久保淳人,鷲崎弘宜,深澤良彰, “ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”, ソフトウェアエンジニアシンポジウム2008, 東洋大学, 東京都, pp. 71-78, 2008年9月1~3日.

高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 深澤良彰, 本位田真一, “協調プロトコル合成における制御構造付与のためのハイレベルオペレーション”, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008, 滋賀県, 2008年10月29~31日.

久保淳人, 水町友彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 鹿糠秀行, 小高敏裕, 杉本信秀, 永井洋一, 山本里枝子, 吉岡信和, “AOJS: アスペクトを完全分離記述可能なJavaScriptアスペクト指向プログラミング・フレームワーク”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島, 兵庫県, 2008年11月13~15日.

迎田宙, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “MDAモデル変換プロセスに沿ったGUIプロトタイプ生成”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島, 兵庫県, 2008年11月13~15日.

位野木万里, 杉本信秀, 深澤良彰, “ステークホルダの意思決定を支援するプロダクトライン再生シナリオの提案”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島, 兵庫県, 2008年11月13~15日.

鄭顕志,深澤良彰,本位田真一, “無線センサネットワークにおける計測記述言語のための規範モデル導出手法の構築”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウ ェア工学の基礎研究会 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島, 兵庫県, 2008年11月13~15日.

福本丈晃, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “ガイドラインに則したGUIレイアウトの自動調整手法”, 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島, 兵庫県, 2008年11月13~15日.

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “クラスタリング技法を用いたソフトウェアパターン分類”, 情報処理学会 ウインターワークショップ2009・イン・宮崎, 宮崎県, pp. 63-64, 2009年1月23~24日.

研究会

柳田育孝, 橘賢二, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰, “Web画像に対する代替記述の適切性の評価手法”, 電子情報通信学会 第46回福祉情報工学研究会, 愛媛県, pp. 59-64, 2009年2月20~21日.

全国大会

濱邉将太, 小野康一, 深澤良彰, “動的Webアプリケーションのユーザビリティ評価について”, 日本ソフトウェア科学会 第25回大会, 東京都, 2008年9月10~12日.

加藤宝章, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “JavaFX Script による動的コンテンツのアクセシビリティ向上手法”, 情報処理学会 第71回全国大会, 滋賀県, Vol. 71, No. 4, pp. 153-154, 2009年3月10~12日.

矢下雄一郎, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “操作履歴を利用したユーザビリティ評価手法”, 情報処理学会 第71回全国大会, 滋賀県, Vol. 71, No. 1, pp. 337-338, 2009年3月10~12日.

その他

深澤良彰, “早稲田大学の情報化戦略”, 第7回合同研究分科会「ITがあるから、大学は変わる!」, CAUA, 主婦会館プラザエフ, 東京都, VIEW POINT 第9号, pp. 75-79, 2008年10月24日.

投稿を表示

前の記事

2007年度 研究業績

次の記事

2009年度 研究業績